東京のマンスリーマンションの特徴と料金システムについて

リビングダイニング

トピックス

  • ワンルームマンション

    マンスリーマンションに引っ越す時住民票は

    マンスリーマンションに住むという事は引越しするという事になる訳でして、それに伴って住民票を移す必要があるのかどうかというのが気になるかと思いますが、基本的には不要ではないかなと思います。というのは、マンスリーマンションに住むと…

    この記事を読む

  • ダイニングテーブル

    マンスリーマンションでルームシェアをする

    ルームシェアというのは一つの物件を何人かで借りて住むというような事ですけど、これをマンスリーマンションで行っている人達がいるようです。物件によって何人まで住んでいいのかというのは違っていると思いますが、1部屋につき2人の様な場合だと単…

    この記事を読む

  • ソファ

    マンスリーマンションを利用して良かったです

    先日京都で長期の観光をしたのですが、その際にマンスリーマンションを活用しました。最初の二日間だけ旅館に泊まって、後の1週間をマンスリーマンションにしました。その結果、かなりお金を節約できたと思います。最初の二日間でその土地の旅館で観光…

    この記事を読む

  • グリーンのソファ

    マンスリーマンションで被害防止

    学生時代にアルバイトをしていました。その際に、地方から出てきている学生さんで、年齢は1つ上だったのですが、一浪していたので、学年的には同じ年代の女の子に会いました。その子にどこに住んでいるのか聞くと、私の家の最寄り駅と同じでは…

    この記事を読む

築年数が大きくない東京のマンスリーマンションの特徴

新築のマンスリーマンションなどの築年数が大きくない物件は、防音の設備が整えられていたり、部屋に置いてあるテレビなどの家電製品が充実している傾向です。東京にある新築の物件では、テレビの他にDVDのデッキが設置してあって、キッチンではIHで調理できる構造になっている傾向です。
近年は鉄筋コンクリートを使ってマンスリーマンションを建てている傾向ですが、防音に特化した構造を形成したり、レンガで壁を形成していて、部屋の内装などを充実しています。東京などの都心部に建てられていた新築の物件は、物件から歩いて数分以内の所に商業施設や駅が存在している傾向です。買い物の利便性の事を考慮して、歩いて数分以内に商店街が存在していたり、緊急の為に近くに病院が設置している事も多いです。
新築のマンスリーマンションほど住みやすさの質は向上していて、利便性を考慮しながら立てられている傾向です。単に鉄筋コンクリートだけで構成して立てられているばかりではなくて、利用者が利用しやすいように内装の面に関しても充実しています。
就活生やサラリーマンが利用しやすい環境になっている事は当然ですが、家族連れのお客様も利用しやすい部屋の構造になっている傾向で、自宅に住んでいるような居心地を感じる部屋の演出を醸し出しています。

マンスリーマンションの料金システム

マンスリーマンションは気になっているけれど、そのマンスリーマンションの料金システムがいまいちわからないという方もきっと大勢いらっしゃると思います。ですから、そこを詳しく解説させてください。
まずマンスリーマンションは一日ごとの部屋料金と光熱費が基本となります。滞在期間には区別があり、スーパーショート、シート、ミドル、ロングなどの区分が一般的です。滞在期間が長いと一日あたりの部屋利用料金が低くなる、という傾向にあるマンスリーマンションが多いという事もあわせて覚えておきましょう。
この部屋代金と光熱費以外にかかるお金としては、部屋のクリーニング代、契約手数料などです。マンスリーマンションごとに多少違いはあるので、部屋代金と光熱費以外にはどのくらいお金が必要なのかは各自確認をした方が確実です。
マンスリーマンションの料金システムは条件により料金の変動があるので、少しわかりにくいかもしれません。まずは自分の滞在期間などの条件を明確にして、その場合の利用料金はどのようになるのか調べるという順番が良いでしょう。今後マンスリーマンションを利用する時に、この料金システムのお話が参考になってくださればと思います。

駅近くのマンスリーマンションを借りればゆっくりできる

駅が近いからというのがマンスリーマンションを借りるときの理由だったりします。時は金なりなんて言葉もある訳でして、電車の駅が近ければそれだけ時間を有効に使えるという事になります。どういうわけかマンスリーマンションは駅近くに物件があるという事が多いのです。なので、丁度いいのがないかなぁと探しているのであれば、このようなマンションが最適だと思います。
学生さんでも社会人の方でもどちらにしても朝早く起きたくない、できるだけ長く寝ていたいというのは同じだと思います。そういう人もこの様なタイプのマンションならゆっくりできますよね。慌ただしい朝を迎えなくても良いというのも随分と楽だと思います。これもマンスリーマンションならではという事を理解していただきたいところですね。もちろん通常の一般賃貸住宅でもこの様な物件はありますが、こちらの方は手続きの関係で気軽に住めるという物ではなかったりします。
また、もっと良さそうな物件が見つかれば、そちらの新しいマンスリーマンションにお引越ししてしまえばいいのです。ですので、あまり長期間住むのではなく、1ヶ月とか2ヶ月程度の契約でそれを延長するという使い方がいいのではないでしょうか。もっともそこが気に入ればずっと住んでいても良いんですけどね。

TOP